日々の働き方こそが独立起業してから役に立つ

人に教えて貰えることは素晴らしいことですが、時に間違えを鵜呑みに学ぶことになり注意が必要ですので、常に不信感と探究心を持つことが大切だと思います。

どんな仕事でも、やり方と言うものは、基礎が必ず存在します。 

この定められている基礎の部分を、案外、軽視しがちな企業が多いです。 

日々の働き方こそが独立起業してから役に立つ

例えば、製造業などの技術関係の仕事で未経験で入社して、まだなんにも仕事のやり方が全くわからない状態とします。 

その仕事のやり方は進め方、機械の使い方など、その直接指導してもらった上司から全て教わります。 

もちろん、未経験で新人なので、やり方に、なんにも疑う事なく、そのやり方を信じ、そして、月日が経ち、一人で仕事を回せるようになると、多少は自己流にやり方を変えても、基礎はその教えてもらった通りにするのが一般的です。 

そして、仕事のやり方や探究心も抱かない人は、それが定着化してしまいます。 

普通の人は、自分のしている仕事を、仕事が終わってから本を買って、基礎を学んだり、ネットの情報を調べたり、YouTubeでその関連する動画を見て研究したり、する人なんて、ほとんどいてません。 

したとしても、勤務時間中に上司に聞くと言ったことだけて、情報はそこだけです。 

しかし、逆にそれがチャンスなんです。 

そこまで追求している人なんて会社の中に、ほぼいないので、それを徹底的に、見えない所で努力し学び、その学んだ知識を、日々の仕事で実践するのです。 

そしたら物凄いスピードで仕事は上達して、周りに一気に差をつけることができます。 

そうすると、貴方は一目置かれる存在にすぐなれます。 

だって、そんなことを出来る人は、稀だからです。 

今は無料で動画で基礎知識が学べる時代

僕は、27歳で自分の事業が倒産して、初めて就活をして、溶接の道に進みました。 

もちろん完全未経験だったで、難しい溶接をすぐできるはずもなく、教えられ方は、見て覚えろと言うのか、職人の勘って言うのか、その人もなんとなくしかわかっていないようなそんな教え方。 

仕事が終わってから溶接の本を買って基礎知識を勉強すると、すごく事細かく、この条件の時は、この設定など、専門知識が完璧に書かれている。 

YouTubeで溶接を検索すると、プロの一流の溶接工が、わかりやすい様に無理で指導してくれている。 

上司に教えられたことは全て適当で間違えていると、すごく良くわかります。 

実際、教えている本人も、所詮は仕事と思い、本当に興味が無いので、学ぼうもしないので、なんとなくそのやり方で何十年もしているのですね。 

職人の勘と言うものは、知識を知らない三流が使う、結局、言い逃れの言葉であること良くわかります。 

なので、貴方も人の意見をまともに受け止めて、それに定着せず、常に探究心を持って一流の仕事を目指してみてはいかがでしょうか?

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント