誰でもできる行動できない時の悩み解決方法

実は、悩みとは、仕事以外であっても、考えるという材料に過ぎません。

考えると言うことは、何かの課題・問題が無ければ考えられません。

従って、『悩み』が無ければ考える事すらできないのです。

誰でもできる自分の働き方の悩み解決方法とは?

職場で悩み事がありますか?と聞かれた時に、ほとんどの人があります。と答えると思います。

しかし、その仕事の悩みを、どうすれば解決、改善できるか?と言うことを真剣に考えることで、その悩みの根源から自分を解放することができます。

その悩みに対して、酒を飲みながら人に愚痴や文句を言って一時的にスッキリしたとしても、また次の日には、頭の斜め横くらいにずっーとへばり付いていることに気づきます。

そうなんです。『悩み』をどう解決すればいいかは、全力で『考える』こと

その解決策を自分で考えて行動した人にしか、その悩みを打ち消すことはできないのです。

そんな悩める貴方に悩みを考える習慣をご紹介いたします。

例えば、いまの職場に不満があり辞めたいと言う悩みがあるとしましょう。

しかし自分は辞めたいと悩んでいるだけでは、ただ悶々と悩むだけで、何にも解決しません。

何に不満なのか?どうすれば悩みから解放されるのか?辞めて次はどうするのか?

などを明確にかつ本気で自分と向き合うことが大切だと思います。

そして自分の5年後10年後の先を見据えているかのどうかにあります。

しかし長期的な人生プランを決めていれば、その先のゴールにたどり着くことに優先するためです。

仮に僕が、いまの職場がすごく嫌だと悩んでいるとします。

その場合は、その悩みの根源は何なのか、自分と向き合い原因を追究していきます。

そして職場が嫌な原因を3つ書き出します。

・人に指図されるのが嫌い。

・頑張っても報われない

・職場内の人間関係が面倒

そしてその自分が書き出した3つの嫌な理由を見ると、次の行動を考えることが出来るようになります。

人に指図されるのが嫌い、頑張っても報われない、職場内の人間関係が面倒と言う理由で、悩んでいるのであれば、その職場を退職して、違う会社に転職したところで、解決しないことは誰もがわかると思います。

会社というところで雇われて働く以上は、上記3つの悩みを解決することは、ほとんど不可能なのです。

この悩みを解決するには、自分で独立開業してフリーランスになるか、起業して自分が社長になるしか方法は無いと思います。

それなら、その職場を、退職して違う転職先を探すのでは無く、自分で独立開業するためにはどうしたらいいのか?を考えることが大切なのです。

もうその考える方向さえ見定まれば、悩むことは解消されたのも同然でしょう。

多少、嫌なことがあっても最終目標が見定まれば、歯を食いしばって辛抱できるものです。

悩みと言うのは自分がその先に向かう方向がわからない時に悩むものではないでしょうか?

マインド
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント