脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれない

脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれない ビジネス

ゆうさんです。

今日は、

『脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれない』

というテーマでお話していきたいと思います。

僕は、現在、Webマーケティングのコンサルティング会社を経営しています。

脱サラの経験は、22歳の時に個人事業主で起業して一回

そこから1回事業に失敗して、30歳の時に法人経営者として再起業して、合計2回の脱サラ起業の経験があります。

なので、今回のテーマでもある

『脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれない』

という疑問に、明確な回答と、実体験からのリアルなアドバイスを提供していきたいと思います。

たぶんこの動画をみてくれている、あなたは、毎日こう考えてるとおもいます。

『はやくサラリーマンを卒業して自由に働きたい・・・』

『いつかこの仕事で独立して一流の経営者になりたい・・・』

『起業してお金を稼いで家族を幸せにしてあげたい・・・』

と仕事中に、こんな妄想をしたことって絶対あるとおもうんですよ

もちろん僕自身も、サラリーマンとして働いている時は、そうだったので、この気持ちは痛いくらいにわかります。

たしかに会社を辞めるのは、慎重にタイミングを見計って退職することは大切です。

でもこの『タイミング』という言葉に必要以上に慎重になりすぎてしまうと、いつまで経っても、現状をかえることができないし、タイミングを見計っているうちに、熱が冷めてしまって、結局なんにも行動しなくなってしまうんですよ。

実は、僕も、最初はそうでした。

起業する時って、最初の一歩がなかなか踏み出せないというか・・・

『こんな自分が、本当に起業して1人でお金を稼ぐことってできるんかなぁ・・・』

って、正直めちゃくちゃ不安でした。

もちろん周りの人は、心配してくれて色々と気をつかってくれたんですけど、

心配してくれるたびに、

『そうやな。いまは起業するタイミングじゃないかな・・・』

と自分に言い聞かせて、当時勤めていた職場を、中々辞めることができませんでした。

でも本当の気持ちというのは、タイミングを見計っているというのは、ただの建前であって、本当は仕事を失うことの不安とか、恐怖で中々、その一歩が踏み出せなかったというのが、本音でした。

なので、こんな偉そうにいっている僕自身も、初めて会社を辞めて起業するときは、タイミングという、かっこいい言葉をうまく利用して、自分の弱さから逃げていた時期もあるんです。

そしてこの自分の弱さの原因は、これから話す

『人目や世間体を気にしていては起業できない』

という一番、重要なポイントに、過去の僕は全く気が付いていなかったんです。

もしいまのあなたが、これから独立起業したいと思っていても、僕と同じ様に、

『お前にはまだ早い!!』

と上司や親から、いわれてしまって、なんにも言い返せない自分に悩んでいるのであれば、それはこれから話す内容が、あなたにドンピシャで当てはまってしまってると思うのです。

もしそうだとすれば、たぶん一生脱サラして起業なんてできないと思います。

たとえいきおいで、会社を辞めて起業しても、ノウハウがないので、毎月の利益が確保できずに、とても不安定な生活になったり

もしくは、6年前の僕と同じ様に、資金繰りに苦しくなって、借金まみれになって倒産してしまうのがオチだとおもいます。

まぁ起業するかしないかはどうであれ、自分が思った通りに計画を立てて行動できる人ってけっこう少ないと思うんですよ

来年までには、会社を辞めて自分の会社を立ち上げると宣言していたのに、もうそれから5年も経っているとか。

まぁあとは

『そのうち子供が落ち着いたら』とか

『そのうち仕事が落ち着いたら』とか

そのうちマンになって、気が付いたら10年経っていたとか。

あなたはどうでしょうか?

自分が決めた目標を実践できているでしょうか?

僕は、以前の記事でも『失敗を避ける生き方ほど失敗している』というお話をしました。

失敗を恐れて、脱サラのタイミングを見計っている間にも、人生の時間は一瞬で過ぎ去ってしまって取り返しのつかない失敗をしてしまうという話です。

なので、まずは脱サラしてビジネスオーナーを目指していくのであれば、いままでの物事の価値観を180度変えて、小さくてもいいので、いまの現状をとりあえず変えることが必要なんです。

なので今回は自分の価値観を変えることの重要さをお話します。

そしてその上で、今回のテーマでもある、脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれないという疑問もしっかりとお話していきますので、是非最後まで読んでいって下さい。

脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれない

脱サラすべきタイミングは絶対に誰も教えてくれない

まず早速、一般的な常識の価値観をガラッと変えてみましょう。

実は、起業するのって、年齢制限もありませんし、規制や法律も全くないんです。

だからこれは、全員に与えられた権利なんです。

なので、例えば、この仕事は、最低でも5年は修行しないと独立してはダメだ。というのは、誰かが勝手に決めた無責任な言葉でしかないんです。

企業と言うのは、膨大な採用コストをかけて投資して育てた社員が、短期間で離職してしまうと、かなりの損失が生じます。

そして独立起業するとわかれば、おそらく全力で阻止してくるでしょう。

もしかしたら、会社の取引先を奪われるかもしれない。

重要な情報やノウハウを盗まれるかもしれない。

と雇用している側からすれば、デメリットとリスクの方が大きいのです。

そうなれば、もちろん都合が悪いので、長く会社にとどまってもらうために、そういった言い回しをしている可能性があるのです。

なので、

『独立なんて、お前にはまだ早い!生意気や!』

といわれたり、あげくの果てには、

『10年は実績を積んでからじゃないと独立なんか無理だ!』

と言われてしまうのは、さきほどいったリスクを懸念したり、もしくは自分より格下の奴が、独立して成功したら都合が悪い。という嫉妬で、心配という言葉を利用して足を引っ張られていることの方が大きいのです。

たしかに、中には本気で、あなたのことを考えてくれている人もいるかもしれません。

それでも、そういう他人の意見を疑わずに、なんでもかんでも、全て受け入れてしまう考えを持っている以上は、起業して、自分で稼いで生きていく事は難しいと思います。

たとえ自分がその時、間違っていたとしても、他人の言うことを聞かない。人目を気にしない。という、価値観も大切だったりします。

なぜなら、会社を退職して起業すると、責任や決断は全て自己責任ですし、そんな中、軌道に乗って利益が安定するまでは、色んな心配ごとが、付きまとうんですよ。

なので、他人の意見を、いちいち真面目に受け止めていては、あなたのメンタルが持ちませんし、

自分を徹底的に信じる。

という価値観に変えないといけないからです。

あなたが失敗しても他人は痛くも痒くもないので結局は無責任な発言なのです。

僕は、高校を中退してまで、起業を決意して、19歳から副業からビジネスを育てて22歳でバイクショップを独立開業しました。

その時は、両親・親族・友達・同僚・先輩・バイト先の上司などに、

『世の中舐めすぎや!!辞めとけ!!』

と散々言われまくって集中砲火を受けましたが、全てフル無視して実践しました。

結果、5年後の27歳で倒産してしまいましたが、そこで学び得たものは大きく一切後悔はありませんし、すごく色んなことを勉強することができました。

そして30歳の時には、どん底から這い上がって再起業に成功しています。

もちろんこの再起業の時も周りから反対の集中放火です。

なので、脱サラして起業をするなら、反対や批判は当たり前のイベントなんです。

だからそういった意味でも、今の価値観を変える必要があるんです。

脱サラすべき3つの条件

脱サラすべき3つの条件

そしてこれを踏まえた上で、これから話す、会社を辞めるタイミングっていうのは、いまからお話する三つの条件が必ず必要です。

  1. 副業から自分のビジネスは育ててある程度の収入はあるか?
  2. 最低でも半年は無収入でも耐えれる資金と覚悟はあるか?
  3. 毎月、大きな返済などを抱えていないか?

の3つの課題さえクリアしていれば、僕の経験からして会社を辞めて起業に挑戦しても全然大丈夫だと思います。

副業から自分のビジネスは育ててある程度の収入はあるか?

まず一つめですが、会社を辞めた瞬間にその次の月から無収入になるので、会社以外からの収入が必ず必要なのです。

起業して、いきなり営業したからといって、無名の会社に新規で仕事をすぐくれるところは、ほとんどありませんので、必ず、サラリーマンの安定した収入がある時を利用して、その時に、自分が得意なビジネスを見つけて、副業からでもいいので、育てておかなくてはなりません。

週末だけでもいいので、コツコツ継続しておけば、必ずあなたにお客さんもついてきます。

その副業の利益が、あなたの最低限の生活費を上回ることが数ヶ月続いたら、合格ラインだと思います。

もちろん商売なので売り上げには波がありますが、自分はそういった基準で決めてきました。

これが堂々と会社を辞めれる自信につながるのです。

最低でも半年間は無収入でも耐えれる資金と覚悟はあるか?

そして二つ目ですが、

起業して半年から一年は無収入で赤字が続くと考えておく覚悟が必要です。

これは今まで、あなたが、体験したことの無い未知の体験だと思いますので、実際に目の当たりにすると、かなり焦ると思いますし、メンタルが、かなりすり減ります。

しかしそこで決して焦ってはいけません。

焦ると、判断が鈍って、余計な浪費をしてしまったり、うまい話に乗せられて騙されたり、安い仕事をさせられて利用されたりするからです。

もちろんこれは、最悪な状況を考えたシミュレーションではありますが、まずはこの最悪、何かが起きて、無収入の状態がしばらく続いても、平常心を保てるメンタリティをつけていくこと、がタイミング以前に、重要なのです。

毎月、大きな返済などを抱えていないか?

そして最後の三つめですが、一般的な住宅ローンなどは例外ですが、ギャンブルで借金があるとか、知り合いの保証人になって何百万円の借金を抱えているといった場合は、まず起業する前に、返済を綺麗に片付けないといけません。

もちろん起業するために、創業支援融資などの国の制度を利用して運転資金などを借金するのは、大いに賛成です。

金額もそうですが、メンタル的にも先に、マイナス要因なものを整理してからじゃないと、気持ち的にも行動できないと思いますので、返済してしまいましょう。

あとこれは、みんなよく相談されるのですが、起業に年齢的なタイミングがあるのでしょうか ?の質問ですが、はじめでお話した通り、起業には年齢制限はありません。

アスリートの世界であれば、年齢による身体能力などが左右するので、歳をとっていれば無理ゲーですが、ビジネスに身体能力や生まれ持った才能は一切関係ありません。

努力と知識の量で何歳からでも挽回できる世界なので、そう考えれば、かなりフラットな平等な世界なんです。

なので20代でも50代でも、関係ないですし、いまこの記事を見ている瞬間が、あなたの人生で一番若い瞬間です。

なので、先の見えない失敗を恐れる前に、まずはできる範囲で下準備から実践していけば、自信は必ずついてきます。

そういった感じで、いま自分ができることから行動していけば、必ずうまくいくと信じています。