時は金なり 良い借金は時間を買っているのと同様

独立開業してから事業が軌道にのるまでの間、もしくは売上が少ない期間って言うのは、暇で時間を持て余してしまいます。

しだいに、その暇な時間が苦痛になったり、売上が無いのに通帳の残高で出ていく一方なのできもち焦ってきたりすると、しくじった行為におちいります。

私も、過去に商売をしている時、店舗を移転したことがあって、その移転後の数ヶ月は来客数が激減しまして、ものすごく暇でした。

しかし、出ていく固定費や生活費は変わらないので、次第に焦ってきます。

移転した引っ越し代や新規の店舗の敷金礼金、改装費などの借り入れがあったので、これ以上、支出や借金を増やしたくないと思っていました。いまになって考えてみると、その暇な時間にも、できることは山ほどあったのにも関わらず、結局振り返ってみると何にもしていませんでした。

何もしていない方がまだマシで、私はその、これ以上支出や借金を増やしたくない想いで、そのしくじり行為をやってしまいます。

どうせ店が暇やねんから、午前中だけアルバイトをして少しでも収入を増やして午後から店を開けよう。と言う最悪の決断をしてしまいます。

当時は暇な時期が不安だったので、パートタイムでアルバイトをしてしまいました。

最初は、自営業と違い、働けばきちんと給料がくれるし、毎日1人で店にこもっていたので、その環境が新鮮で、なんて素晴らしいんだと、思っていましたが、

しかし気づかぬ間に本業の経営はさらに傾き初めていました。

当初は朝9時から営業していた私のお店が、私自身がアルバイトをしたことで、昼の2時からになったことで、一日来客数が3分の1になり、固定客は他の店舗に流れてしまい売上は激減しました。

アルバイト代が月7万円程度あったのですが、そんな金額は仕入れ代の足しにしかならず、

結果、アルバイトをした方が赤字になってしまいました。しかも大赤字です。

しかも、それに気付いた時点ではもう手遅れで、アルバイトをすぐ辞めて本業を朝から営業したところで、すぐに売上や信頼がもどるはずも無いので、結果、アルバイトを辞めることができない負のスパイラルに陥ってしまいました。

それが最大の敗因で、しくじりポイントでした。

ではそれのしくじりを回避するにはどうすればいいか?を3つのポイントにまとめてみました。

1つ、超節約モードに変えて、軌道にのるまでは無駄な出費や固定費をできるだけなくす。

例えば、なにかお店をしたいと思えば、いきなり家賃の高い店舗を借りずに、自宅でネットショップとしてスタートして、ネットショップがヒットすれば店舗を構えるとかがおススメだとおもいます。要は段階的にレベルアップしていくことが安全だと思います。

2つ、借金をしてそのお金でやりくりする。 まぁその借金ってマイナスイメージがありますが、時間を借りれると言うメリットもありますので、それこそ、借金をして、そのお金を使って全力で本業に専念できるので、あながちこの方法は、悪くないと思います。しかしご利用は、計画的にってところですね。

3つ、それでも少しでもお金を稼ぎたいと言う方は、通わなければならないアルバイトは避けて、場所や時間が拘束されない副業などをしてみてはいかがでしょうか? クラウドソーシングとネットで調べてみると、場所や時間に拘束されずデータ入力などの仕事などがあるので、いいと思います。

しかし、やはり人って言うのはできることに限界があって、本業と違うことをしてしまうと、本業に注ぎ込むパワーが半減してしまって凄く疲れるんですよね。

なので、軌道にのるまでの暇な期間や時間は、みんなが通っている道だと割り切って、その時間に自分の事業をブログやSNSで、発信してみるとか、チラシを作ってみるとか、スマホやパソコン1つでできることはたくさんあると思います!

なのでね、焦らずその暇な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント