以下に共感できれば貴方は独立起業に向いています

自分にはサラリーマンが向いているのか?果たしては、脱サラして起業して一人でビジネスをする方が向いているのか?

この記事を開いてくれた貴方なら、そんな自問自答をしたことは、日々の仕事をしながら、何度もしたことはあると思います。

もちろんビジネスが向いている人、サラリーマンの方が生き生きと輝ける人、どちらもいています。

いざ勢いで脱サラして起業してみると、やはり向いていなかったと後悔する前に、この記事を最後まで読んで頂き、選択材料に使って頂ければ幸いです。

以下に共感できれば貴方は独立起業に向いています

まず、今の働いている職場がつまらない、または嫌な原因が何なのか?

を突き止めることが一番大切です。

人間関係なのか?
給料面なのか?
残業が多くて自由時間がないからか?
休日が日曜日では無く平日だからか?

必ず本当の理由があると思います。

上記で書いた理由であれば、転職すれば大抵は解決する理由なので、それが理由であれば、独立起業すると、大後悔する羽目になります。

何故かと言いますと、独立起業すると、

人間関係は一人なので解消されますが、給料などといった概念は無くなり、常に収入はバラつき起業して一年ほどは赤字だというくらいの覚悟は必要です。

起業すれば毎日が残業で自由時間もあるようでありません。

こういった理由であれば、環境の整った職場を探すことにエネルギーを使った方が、生き生き働けて、趣味の時間に自分の人生を堪能することができます。

もちろんサラリーマンであれば、余程のブラック企業ではない限り家族との時間もキッチリと取れます。

しかし、起業するとなると、ブラック企業より酷い、一人ブラック企業になるので、休むと収入がなくなるため、本能的に休めないマインドになってしまいます。

では起業に向いている人はどうなのか?

結論を言いますと『野心・野望』と言ったマインドが少しでもあれば、起業に向いていると思います。

例えば、給料、時間、環境など、何も不自由無いけど、何かつまらない、刺激が足りないと思っていたり、常に冒険心があり苦難にチャレンジするプロセスが好きな人などは、起業に向いていると思います。

毎日の積み重ねでビジネスというものは成長していき結果がでますので、そう言った意味では、スポーツなどに共通するポイントは多いです。

苦難をポジティブに考え、失敗を発見だと認識できる人は、とても向いていて、ビジネスを人一倍楽しめて謳歌できると思います。

あと、論理的思考な人で、数字や統計が好きな人もビジネスに向いていると思います。

冷静な判断で、ゲームの様に、無理難題をクリアしていき経験値を増やしていきレベルアップしていくビジネスは、まさにリアルロールプレイングゲームに近いものがあるからです。

なので、そこを自分の性格と照らし合せて考えてみるのも手段だと思います。

最後にまとめ

・労働環境に不満があるだけ
・地位や権力などには興味が無い
・今ある幸せを大切にしたい

と言う人であれば、環境が一気に変わってしまい、地獄に堕ちる確率の方が高い独立起業を選ぶよりは、いまより良い会社を探すことに徹したほうが良いと思います。

そして

・待遇が良くても仕事がつまらない
・影響力や権力がほしい
・現状に常に満足ができない

と言う人は、迷わず会社を飛び出して、私と一緒に、いばらの道を歩んで頂ければと思います。

今日はこんな感じでお話しさせて頂きましたが、あくまで私の個人的な考えですので、全て正しいわけではありません。

要は、自分の得意なことや好きなことがビジネスにできるのであれば、それ以上の幸せはありませんので、軌道に乗るまでは苦難であっても耐えれると思います。

途中で諦めずに進むべき道を間違わなければ、必ず結果は出て収入も増えますので、頑張って参りましょう。

それではまた明日お会いできるのを楽しみにしております。

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント