【お歳暮】一歩先を行く取引先への手みやげのマナー

一年間、お世話になった取引先様へ感謝の心を示す、お歳暮や、これからお付き合いさせて頂くご挨拶にとお持ちする、手土産。

今日はそんな茶菓子1つで、相手方の記憶に残り、好印象なプラスイメージになる魔法の手土産をご紹介したいと思います。

一歩先を行く取引先へのお歳暮&手土産のマナー

渡すタイミングは、必ず挨拶の後にしよう

まず応接室などに、通されたら座る前にちゃんとお礼またはお詫びの言葉を伝えて、手みやげを渡すこと。

自ら紙袋から、スッと取り出して、相手の正面を向けて渡して、紙袋は持ち帰るのがマナーです。

アイスクリームや冷菓子は早く渡そう

夏場などにすぐに保冷しないといけない手土産なとは、そのことを伝えて直ぐに渡す方がいいケースもあり。

お歳暮&手土産など選ぶときと確認しておくポイント

  • まず手土産が本当に必要なケースかどうか
  • 相手方の会社などで決まりなど無いか
  • 予算が適正かどうか
  • 贈り先の部署などの人数(必ず全員に行き渡るものにする)
  • 日持ちの確認(連休前など賞味期限と会社の出勤などを確認すること)
  • 冷蔵庫があるかないか(内容によっては相手方の会社に冷蔵庫かあるかどうかは確認しておく)

こんなお歳暮&手土産は絶対にNG!いますぐ捨てろ!

  • 訪問先や相手方の会社の近くで購入したとすぐわかるもの
  • 部署内で取り分けが面倒なもの
  • 相手の会社の競合会社の商品
  • 食べたら衣服が汚れやすいお菓子(シュークリームなど)
  • 匂いがキツく接客に影響がでるもの
  • アルコールが入ったお菓子など
  • 4個・9個など不吉を連想させるもの

相手の記憶に残るお歳暮&手土産の極意

まず、滅多に出会えない珍しいお菓子などは喜ばれます。お菓子などであれば、手や衣服などが汚れにくい、一口で食べれる小ぶりなお菓子が一番好印象です。

特に、その時期にしか食べられない期間限定のものや、その地域にいかないと食べられない有名な人気商品などは、かなりのプラス効果で、予約をしないと食べれないレアなものだと、もう一瞬で貴方の名前を覚えてくれるでしょう。

そこまでできないよと言う方は、相手方の取引先関係などを事前に調べて、手土産などを持って行っても喜ばれると思います。

こういったみんなから喜ばれるお歳暮&手土産で、ビジネスを円滑にできれば、最高のアイテムになること間違いなしですね。

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント