脱サラ計画の作り方は環境と邪魔されない時間から

もし貴方が起業が独立開業を夢見ているのであれば、サラリーマンで勤め安定的な収入を得ながら、毎日少しの時間を作り、自分のビジョンを実践し、その計画を遂行していきなが、少しずつ少しずつコツコツと積み上げていくことが一番大切なのです。

仕事が忙しいから

時間が無い

と自分に言い訳をして、やらなければならないことから逃げていませんでしょうか?

今日は、普通に1日働いているサラリーマンの方でも、自分の脱サラ計画を遂行できる方法をご紹介いたしましょう。

脱サラ計画の作り方は環境と邪魔されない時間から

まず、貴方が、いつかは自分で事業を起こして脱サラしたいという野心・野望が少しでもあるとすれば、現在のサラリーマンで安定した収入がある環境を大切にしてください。

『こんなブラック会社早く辞めてぇ』

と思っている方も多いと思いますが、逆にいまの会社を自分の脱サラ計画の糧にし、次のステップの踏み台に利用するのです。

もしそれでも嫌で少しでも早く会社を退職して脱サラしたいと起業・独立開業をしても、よほどのコネなどがない限り、初めの最低1年間は無収入なことを覚悟しとかなければなりません。

しかも事業を起こすとなると、節約したとしても、膨大な準備資金が必要のため、数百万円の貯金は一気に溶ける事は間違いありません。

僕自身が、過去にそういった荒い方法で脱サラしたのですが、本当にロクなことがありませんので、しくじり経験者として『やめておけ』とアドバイスしたいとおもいます。

まずは『考える』と言うことに真剣に向き合うこと

そしてまず、冷静になって、自分が描いてるやりたいビジネスなど、いわゆる事業計画を真剣に自分と向き合って考えてください。

そのはじめのビジネスモデルの選定には半年は考える時間を設けてもいいくらいです。

しかしその考える時間の定義ですが、例えば、

スマホゲームをしながら考える。

にぎやかな家族との中で考える。

酒を飲みながら考える。

と言う行為は、考えると言うことに相当しません。

本当に自分自身とだけ、自分と一対一で向き合ってください。

考える環境を用意する

独りだけで考える環境を用意することはとても重要です。

これが出来なければ何も思いつきませんし、集中して考えれません。

要は、独りだけになれる環境を用意すること。

例えば僕が今も継続していますが、脱サラ計画を立てたときによく実践した内容ですと、

・朝4時半に起きることで、家であっても静かな時間と環境をを独り占めできる。

・朝がどうしても無理だという場合は、夜にネットカフェの個室に行く(ゲームや漫画は禁止)

この2つで、真剣に考えれる環境は用意することはできます。

理想は毎日継続できることが理想ですが、週一で最低2時間の時間を取って、自分の脱サラ計画に伴った情報などをネットや書籍から調べたり、その使えそうな箇所は見逃さずに計画ノートに書き刻んでください。

そういった日々の積み重ねをしていると、少しずつではありますが、必ず事業計画は実感のあるものに成長していきます。

最後にまとめ

  1. いまの会社の安定した収入を大切にする
  2. 辞めたくても『自分の計画』ができるまで利用する
  3. 真剣に自分とだけ向き合い考えれる静かな環境を用意すること

以上、いかがだったでしょうか?

結果的に脱サラできるできないの結果は置いといて、そうやってストイックに物事を考えることで、色んなことを吸収することができますし、気付きも多いと思いますので、毎日、悶々とした日々を過ごしている方は、是非参考にしてみてください。

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント