失敗しないレンタルオフィスの借り方と使い方

オフィス ビジネス

脱サラして起業スタート時は、お金を少しでも運転資金に回さないといけません。

創業一年目で倒産する要因ナンバーワンが、実は固定費の支払いなのです。

そして起業、独立開業スタートアップの方には心強い味方であり主流になってきたレンタルオフィス。

そんなローリスク・ローコストで綺麗な環境を手に入れる事のできる無形型のオフィスですが、ビジネスジャンルやターゲット層によっては選び方が凄く重要になってきます。

今日は、そんな独立起業時のバーチャルオフィス・レンタルオフィス・シェアードオフィスの選び方についてお話していきましょう。

オフィス選びのデメリットと独立起業時の注意点

  • バーチャルオフィス
  • シェアードオフィス
  • レンタルオフィス

この3つの特殊形態なオフィスについて説明していきます。

実は、同じ様な意味に見えがちですが、意味は全く違います。

バーチャルオフィス

まず、バーチャルオフィスですが、これは会社の所在地や事業所の住所を登録するだけの、名前通り架空の事務所です。

実在している場所は、ただの建物だけで、そこにオフィスが存在しているわけでは無く、住所だけを借りることができます。

オプションで電話番号も借りることができて携帯に転送サービスや電話代行サービスなどもしているところも多いようですね。

バーチャルオフィスの利用に向いている人は、とにかくネットビジネスをしている人でしょう。

インターネットで商品を販売するにあたって、特定商取引法に基づく表記 などの掲載が義務化されているため、現住所や電話番号などはサイトに掲載しないといけません。

しかし、無駄な固定費がかからずできるネットビジネスにはオフィスが必要ありませんので、そうなってしまうと、自宅の住所と電話番号を掲載しないといけません。

それでは会社なら、まだしも個人なら思っ切りプライバシーを晒してしまうようなものですよね。

そういう時は便利なのが、このバーチャルオフィスで住所と電話番号を借りればそういったことは全て解決できます。

しかし、一般的な商品、サービスを販売する一般的なビジネスなどで、バーチャルオフィスに住所を置いてしまうと、悪徳業者と疑われたりする可能性があります。

もちろん住所を検索すると、バーチャルオフィスのサイトが出てきたりするので、その点は一部のお客さんからは怪しまれたりするため、やはりリアルビジネスは信頼性が大切なので、私的には、ネットビジネス以外のビジネスモデルではあまり利用しないことを強くオススメ致します。

シェアードオフィス(シェアオフィス)

続いてシェアードオフィスにですが、シェアードオフィスはシェアオフィスとも呼びます。

分かりやすく言えば、共有スペースに簡単な仕切りがあって机と椅子が置いてあり不特定多数の人たちと一緒な場所で仕事をします。

ネットカフェに例えると、個室ブースでは無く共有スペースの様なオフィスです。

共有スペースのため値段が安価なので、駆け出しの起業家には最適で、しかも最近のシェアードオフィスは凄く綺麗でネット回線なども使い放題なので、使い方によってはコスパ最強な環境でもあります。

このシェアードオフィスに向いている人は、フリーランスなどのノートパソコンやタブレットだけで仕事が完結できるビジネスをしている人がオススメだと思います。

しかしあくまで共有スペースのため、現住所としての登記はできません。

そして大切な守秘義務や個人情報が漏れるリスクがあるため、書類を安易にゴミ箱に捨てることを避けたり、電話する時は必ず席を外すなどして注意しましょう。

レンタルオフィス

最後にレンタルオフィスですが、これは同くネットカフェに例えると、個室ブースみたいなものです。

もちろん個室なのでシェアードオフィスよりは高価になりますが、面倒な手続きや高額な敷金礼金などは不要なので、都心の一等地の住所を名刺に記載できたり、お客さんや取引先さんを招待し商談できたりします。

レンタルオフィスは現住所として完全に登記できるため、荷物や郵便の受け取りも代行してくれるサービスあるため、その点とてもコスパに優れていると思います。

信頼性が重要なビジネスモデルやお客さんが来社して商談するようなビジネスモデルの場合は迷わずレンタルオフィスを選ぶことをオススメします。

それでレンタルオフィスで軌道に乗ってお金に余裕ができたら、普通の不動産屋さんと契約してオフィスを借りるといった進め方が一番、賢いやり方だと思います。

私は、起業時はレンタルオフィスなど知らず普通に、不動産屋さんと契約して小さいオフィスを借りましたが、もっと早く知っていれば迷わずレンタルオフィスを選んだことでしょう。

最後にまとめ

分かりやすくまとめますと

ネットビジネスをしている人で自宅の住所を晒したく無い人はバーチャルオフィス。
ノートパソコンで仕事でできるフリーランスはシェアードオフィス。
お客さんと触れ合い信頼を構築していくビジネスはレンタルオフィスで軌道に乗れば一般のオフィスにステップアップ

がベストだと思います。

私は現在、自宅兼会社のスタイルなので、レンタルオフィスのレビューはできなくて申し訳ないです。

それではまた次回お会いしましょう!