やらない後悔より継続しなかった後悔の方が後になると辛い

何も手をつけずに、やらなかった後悔より、これはいける!!と思い実践したのに継続できなかって、10年後にそれがバズっている時の後悔は、悔しさが半端ないです。 

新しいこととは、まだみんなが当たり前の様にしていないことや、社会に完全に浸透していないことですが、新しいことや、珍しいことってのは、最初は、目立ちませんし、ついついいま主流のものの方が、信用や人気があるので、安心できる点、そちらに手を伸ばしがちですが、10年後には大きく変わる可能性が、あります。 

それで僕も、いま思い返してみると、なぜ簡単に実践できる環境があったのにも関わらず、10年前にそれをしておかなかったんだとの、後悔が山ほどあります。 

継続してこなかった後悔がフツフツと湧き上がってきたので、お話してみてました。 

いまから10年前ですと、2009年でしたが、僕は21歳で、アルバイトをしながら副業でオートバイのネット販売をして、ミニバイクレースに没頭していました。 

一日中バイク漬けの日々で、楽しかったですし、2010年には、バイクショップ 伊藤二輪工業としても独立開業します。 

まさに自分の黄金時代ですね。 

当時の主流のSNSと言えば、モバゲーかミクシィで、僕は、モバゲーを使って自分のオートバイの仕事をコミュニティグループを作って情報発信していました。 

その当時はツイッター、インスタグラムのなどのSNSには全く興味がありませんでした。 

一度、ツイッターのアカウントを2011年に作成したし、ナウとか言ってね呟いていましたが、その時は本当の使い方やメリットがイマイチわからなかつたですね。 

まず1つ目の大後悔が、モバゲーのアカウントを構築せずに、ツイッターをもっとやっていれば良かったこと。 

そして2つ目がいまやり始めたYouTubeですが、これも2008年に何個かバイク屋をしている時に、整備の仕方の動画や、レースの映像を仲間にシェアするために、いくつか投稿していましたが、面倒くさくて結局あまり更新せずに放置でした。 

10年もやっていれば現在は相当な影響力を手に入れれていたと思います。 

その後悔もあって、いま毎日、YouTubeを更新して、ツイッターもこまめにツイートしています。 

何事も今からでも遅く無い。継続していれば良い悪いを含めてリアクションは必ず起きますし、何もしていなければ何も起きません。 

いまはこのYouTubeはチャンネル登録者は22人ですが、10年後にはきっと花が咲く事を信じて毎日必ず投稿してやっていってます。 

地道な下積みをやらなければ大きな成功はないですので、貴方も何でもいいので、新しいことを積極的に信じて継続してみてはいかがでしょうか?

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント