人生が壊れる『失敗』だけはするな!

人生が壊れる『失敗』だけはするな!ビジネス

ゆうさんです。

今日は、失敗を避ける生き方ほど実は失敗している。と言うテーマで、お話をしていきたいと思います。

僕は高校を二回も中退して、学業を放棄するという失敗をしたり、そこから、起業して倒産するという失敗したりと、過去に数えきれないほどの失敗をしてきました。そして現在も会社を経営しながら失敗の日々を過ごしています。

なので今回は、失敗のプロとして『やった方がいい失敗』と『やってはいけない失敗』を分かりやすく解説して、その上で『失敗を避ける生き方ほど実は失敗している』というお話をしていきます。

この記事をみてくれている、ほとんどの人は失敗と聞くとすごいネガティブなイメージしかもっていないと思います。

失敗すると、周りから笑われて恥ずかしい思いをすることになる。

失敗すると、周りから信頼を失ってダメなやつだと舐められる。

と思っている人って結構多いと思います。確かに、失敗すると恥ずかしい
カッコ悪いと思ってしまうのは、人として当たり前のことです。

でもこの失敗すると恥ずかしいという考え方をずっと持っていると、あなたの人生において
致命的な失敗を犯してしまうんです。この失敗を避ける当たり前の行動こそが
実は気付かぬ間に、あなたの人生を棒に振ってしまうほどの大きな失敗なんです。

僕も、過去にたくさんの失敗をしてきました。事業が倒産して大失敗したり詐欺師に騙されたり、人間関係で失敗したり、再起業して全然思った通りにいかないとか、物事が上手くいって成功した割合なんてのは、実際0.5%くらいしかありません。なので95.5%は失敗です。

しかもその失敗で最低でも、2000万円以上はお金を失っています。おとなしくしていれば
マイホームが現金一括で買える金額です。

なので僕は、この動画を見ている、あなた以上に失敗を繰り返しているんです。

そしてその当時の僕は、これからお話する『良い失敗』と『悪い失敗』の区別が全くついていなかったんです。

もし今のあなたが、今年の元旦に、今年こそは何かにチャレンジしようと、決めていたのに、失敗を恐れて結局、まだ何にも行動できていないのであれば、それは、今回のテーマである『失敗を避ける生き方ほど実は失敗している』ということに、あてはまってしまっています。

しかも、あなたが失敗やリスクを恐れている間にも、あなたの周りはドンドン行動していて

気が付いたら手の届かない所まで、差をつけられているなんて話をよく聞きます。

そして結局『また今年も何にもできへんかったなぁ』と、ぼやきながら年末を迎えて『よし来年からは本気出すぞ!』と決意しても、また何もできないという、負の無限ループが、あなたは何年も続いていませんか?

初詣で、神社に手を合わせても何も成し遂げることはできません。

でも逆に、そのチャレンジしたい意気込みはあるけど、失敗を恐れて行動できないという原因を、解決してしまったら意外と簡単に、結果が出始めることの方が多いんです。

なので今回は、チャレンジしたいけど行動できない原因をお話しいたします。もちろんその解決策もお話していきますので是非最後まで読んで行ってください。

冒頭でもお話した、失敗にはやっていい失敗と、やってはいけない失敗があると、お話しました。

では何故、僕が、こんなにも、何回も失敗を繰り返しきているのにも関わらずこんな平然とできているのか?

それは大きな理由があります。その理由は、僕の今まで失敗してきた行動の全ては、全て自分の意志で
決断してきたからです。

要は、やってもいい良い失敗というのは『自分の意志で思ったことを素直に行動に移した失敗』
のことで、やってはいけない失敗というのは『自分の意志に反した行動や他人からの指示されて行動した失敗』のことです。

例えば、自分が憧れてた職業を目指そうと決め、胸を高ぶらせて身近な人に相談すると
大抵はこのような返事が返ってきます。

『そんなことをしてもどうせ失敗するからやめておけ』

『それよりも安定した公務員を目指したらどうだ?』

そしてその批判的なアドバイスで挑戦する気持ちが萎縮して失敗するリスクを考えてしまいます。

そして周りがオススメしてくる無難な選択を選ぶようになります。

あなたの人生にアドバイスしてくる人たちのほとんどは、失敗を避けて何にも挑戦してこなかった人たちの言葉ではないでしょうか?

なので、この選択と決断こそが今回のテーマである『失敗を避ける生き方ほど実は失敗している』ということになります。

そうやって他人の意見を素直に受け入れて、失敗しないように無難に生きていくことは一切否定しませんし、もちろんあなたの人生なので、それでもいいとおもいます。

ただし、10年後の自分に、あなたの人生は、いま満足ですか?と質問したときに、素直に、はいと言えるでしょうか?

僕は、その質問には、胸を張ってはいと答えれます。何故なら、誰に批判されようと、全部、自分で人生を決めてきたからです。なので失敗しても全部、自分の責任だと受け入れれますし、誰のせいにもする気もありません。

この記事をみてくれる、あなたにもそれを少しでも早く気付いてほしいと思って、書いています。

では後悔しない失敗をしないためには、一体どうしたらいいのか。それは、意外にも、徹底的な情報収集が、大切なんです。

例えば、あなたが、古いアンティークカメラが大好きで、将来は、自分で、アンティークカメラのお店を構えたいと思ったとします。

そう思ったら、まず、世の中のアンティークカメラの需要がどれだけあるのかインターネットで調べたり、実際に店舗を運営しているアンティークカメラのお店に足を運んで、店主の人と仲良くなり、実情を聞き出したり、本当に、それで生活が成り立つのかを、調べないといけません。

実際に、開業してから、全然、飯が食えなくて、開業3か月で家賃が払えなくなって倒産といった話は、たくさんあります。

その調べるといったことも立派な行動です。

ここから色んな情報を得れることができるので、ここで、本当に店舗を出しても、やりくりできるのか?

なぜ、現在、営業しているアンティークカメラの店主たちは生活することができているのか?

そういったところまで深く、考えて趣味レーションしないといけません。

そう考えていくと、スマホやデジカメが販売される前は、このアンティークカメラこそが、一般的な主流のカメラだった時代は、すごく儲かった時代背景があったり、

現在、営業できているアンティークカメラの店主たちは、昔の儲けたお金もあるし、店舗は自分の持ち物なので家賃が掛からない。そして収入は年金生活ってこともあります。

なので、そういった調べ上げるといった地道な行動も、余計な失敗をしないための大切な行動でもあります。

あぁそしたら、俺のしたいことは全部オワコンやなぁって、諦めてしまう人もいると思います。

でも、自分で決めた物事というのは、全て自分の権利なので自由に変えることができます。

いまの時代に、古いカメラなんかオワコンと思って諦めるのでは無くて、

もっと違った方法で実践できる方法が無いかを考えるんです。

例えば、僕が今から、10年前にバイクショップを開業させたのですが、当時はお金なんてのは、ほとんど無かったので、電気も水道も無い、シャッター付の駐車場からスタートしました。

夜は電灯がないので、車のバッテリーから電源をとって対処したりして、金がないなりに知恵を絞って創意工夫して挑戦していました。

なので、アンティークカメラのお店がしたいなら、とりあえず、メルカリやヤフオクで、ジャンク品のカメラを何個か仕入れて、それを修理して綺麗に磨き上げて、同じくメルカリやヤフオクで出品してみる。

そうすることで、自分の意志で決めた行動の成果が、成功するにしろ失敗するにしろ実体験で体感することができます。

それで上手く利益がでれば、大きな成功ですし、それで全く売れなくて損して失敗しても、それはノウハウ、経験値して、あなたの一生のスキルになります。

なので、自分の意志で決断して、自分の財産を投資して行動した失敗というのは、実は、あなたを大きく成長させる最高の失敗なんです。

また次回お会いしましょう。

お疲れ様でした。

ビジネス

『何から始めたらいいかわからない』『自分を変えたい!』と悩んでいる方、圧倒的な解決策をご提示をするので、お気軽にご相談下さい。

無料カウセリングはこちらから

独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント