請求書はクラウドで完了 ワンマン経営者はスマホで請求書を作ろう

請求書 ビジネス

昔は、見積もり、請求書などは手書きで紙に入力して、電卓を何回も打ち直して計算して、ハンコをついて封筒に入れて、それを郵便ポストに投函するのが仕事だった。

それがパソコンが世の中に浸透して、そういった請求書などの業務は、キーボードを入力すると記憶させたテキストが自動的に出てきたり、計算は数字を入力するだけで自動で確実に計算してくれる。

これでも生産効率は何十倍も速くなりそれがいまの時代の当たり前になってきて、それもいまは、スマートフォンで見積もり、請求書が超簡単に高品質で無理で作成できてしまう時代になってきた。

そんなパソコン不要でスマホで作れる請求書アプリを紹介したいと思います。

請求書はクラウド請求書で完了 ワンマン経営者はスマホで請求書を作ろう

しかも、FAXやPDFメール送信もスマホで行える上に、郵送までスマホでできる半自動経理システムの仕組みが無料のスマホアプリでできる。

しかもそのデータは会計アプリとリンクすることで自動的に収支計算される仕組みになっている。

もうパソコンのあるオフィスにワザワザ戻ってパソコンを立ち上げてイスに座ってカタカタ 請求書を作り、プリンターから印刷された書類に角印をついて三つ折りにして封筒に入れてノリで封をして、宛名や住所を書いて切手を貼り付けてポストに入れる必要も全くない。

その当たり前だった膨大な作業からもう解放される。

そして僕がおススメしたいクラウド請求書アプリは、2つある。

まず1つ目が、ジムー見積書

と言うスマホアプリ。

これももちろん無料でインストール可能で、一番の利点は、すごくシンプルで誰でもわかりやすい。

自動郵送サービスやPDF化なども簡単にできるオススメアプリ。

しかし、デメリットもある。

シンプルを求めすぎた結果なのか、ここぞと言う機能が無いことが多い。

例えば、価格の小数点以下の設定が自動的に四捨五入に固定設定されていて、切り捨てでの計算ができないなど、これはビジネスでは致命傷と言っても過言でない。

仕事頂きたクライアントには常識的には端数切り捨てで請求するのが一般的だ。

それができないのは痛いところ。

あとはパソコンでの作業ができないところも残念。

これが改善されれば一番誰でも簡単に使いやすい請求書作成アプリではないだろうか?

クラウド会計のfreeeもクラウド請求書サービスもあるが、スマホでは作成できないので今回は、除外しておきます。

そしてその一番何も文句が無い最強クラウド請求書アプリは、弥生会計のMisoca と言うクラウド請求書アプリ

これに勝るものは無いと言っても過言ではないだろう。

スマホアプリ対応。PC対応。厳重な弥生IDでのアカウント管理。自動郵送サービスなどもできる。

あとはさすが会計ソフトのアプリで、

税率設定や価格表示設定、オシャレなテンプレートなどの細かい設定も全て不満なく対応しているのも嬉しいところ。

なので僕は、もうずっと、エクセルやワードで請求書や見積もりを作成していない。

しかもそのデータは、freeeや弥生会計などの会計ソフトにもリンクできてしまう優れもの。

さらにクラウドなのでパソコンさえあれば、どこからでもアクセスできて、データが消失することは無いので安心。

もうこれに勝る経理システムは無いと思う。

これを使い始めてから僕は、請求書や見積もり書のために、仕事を止めてオフィスや自宅に戻る無駄が作業が無くなりました。

隙間時間にクルマの中でスマホで請求書を作って自動郵送サービスで送ったりと、ほんと効率が良いの一言です。

もし書類がすぐ必要ならば、そのスマホで作成したPDFデータをコンビニで印刷すれば、サクッと帰り道にクライアントに書類を渡せてしまう。

仕事のレスポンスも上がるため自社のイメージも信用もアップする。

もちろん多人数を抱える企業さんなどは、不向きのところも、あるかもしれませんが、ワンマン社長や外回りで一日走り回っている個人事業主やフリーランスの方は、是非オススメです。

その今まで使っていた無駄な時間が省けてより質の高い仕事ができるはずです。

是非参考にしてみてください。