独立開業は決めた時からもう実は始まっている

自己中は人の意見を聞かないプロ ビジネス

これから独立起業を考えている人や、いつか自分の店や会社を持ちたいと思っている方、もうその思いがある時点で事業はスタートしていると思います。 

まず手始めに実践してほしいのが、貯金専用の口座を作成すること。 

まぁ当たり前のことなんですが、 

まずどんな事業をするにしても資本金は必ず必要ですし無借金経営などはほぼ不可能と考えてもらってもいいと思います。 

そうすると、事業を立ち上げた時にスムーズに融資を受けられる体制にいまから整えておくことが大切です。 

いまお勤めの給料の振り込まれる口座と引き落とされる口座とは別に、新しい口座を開設し、自分が貯めれる最大限の金額を定額で毎月貯金していきます。 

銀行や消費者金融での融資は利息が割高ですので、 

政府が運営している金融機関の 日本政策金融公庫での融資がオススメです。 

そのプランで創業融資支援などの新しく事業を立ち上げる際に自己資金額に応じた融資額を無担保・無保証・低金利で借りることができます。 

その創業支援融資の自己資金の定義ですが、これは一時的に借りたお金 いわゆる見せ金や、タンス貯金などは原則、自己資金とは認められず、低リスクで借りられる反面、審査はとても厳しいです。 

私も計2回 日本政策金融公庫から融資を受けましたが、自己資金の積立管理が不透明なことで希望の融資額には届かなかった過去があります。 

まず言いたいのは、事業のために貯めたお金は一切手をつけずに、綺麗な状態で日本政策金融公庫に、申請に行くことが鉄則です。 

私が過去にしくじったケースですが、借金をできるだけしたくないと言う思いで、自分の貯めた資金だけで事業をスタートし、数年経ったあと資金が乏しくなってから融資を申請してしまうケース。 

これは絶対に避けたいポイントです。
実績が無い弱い立場の場合、自己資金の額と、過去にどのように自己資金を積み立てきたかの証拠が大きなポイントになります。 

もちろんそれを覆すプレゼン力や事業計画書があれば、なお良しですが、 

従って、専用の銀行口座に毎月 定額の金額を長い期間で貯金していく方法が一番の信用力になると思います。 

お金は多くあっても困りません。腐りません。使わなくても借りたお金で返済していけばいいだけです。 

もちろん金利はかかりますが、いざという時にお金が無いよりはよっぽどマシです。 

それの保険料と思えば相当安いコストだと思います。 

今、タンス貯金をしていたり、親に預けているなどの貯金方法をしている人は、すぐに新規口座を開設して夢のために『お金を貯めた』実績づくりをしていってはいかがでしょうか?