思い付いたアイデアはシャボン玉 消える前に記録保存しよう

いつも日常で仕事をしていると、あんな事やったら世の中の役に立つんじゃないだろうか?とかビジネスとして成功するんじゃないだろうか?とか、絶対にどんな人であれ、考えてると思います。

 

しかし99%の人は、おそらく忙しい業務中や車の運転中などに、なにかピリッと閃いても、頭の中で記憶だけしていているだけと思います。

 

そしてそのアイデアのほとんどが半日も経つと完全に忘れていたり、次々と頭の中に入れ込まれる情報に埋もれてしまって消えてしまったり、僕個人的にはかなりの確率で機会損失しているのではないか考えています。

 

以前にも音声動画などでも話したのですが、人間の記憶力なんて100均の電卓の様なもんでシャボン玉の様に一瞬で弾けて忘れてしまいます。

 

ではどうすれば良いか?

 

答えは凄く簡単で、その場で携帯にメモするなり、メモ帳にメモする。

 

そして仕事中であれば、仕事のメモをするフリをしてメモをすればいいですし、運転中なら車を停車してでも記録する。

 

この一見、無駄な作業に見えますが、この自分の考えやアイデアを大切に記録すると言う行動は、結構10年先を見据えていくことを考えると凄く効いてくると思います。

 

記録することで、それだけでも自分の知識の構築にもなりますし、その発想やアイデアがいつか点と点で、結びつくことが結構あるのです。

 

僕自身とそれを実践することで、2年前に記録したアイデアが、三日前の閃いたアイデアと結びついて、凄く相乗効果の、あるアイデアになったと言うこともありました。

 

この2年前のアイデアを記録していなければ、おそらくそのアイデアは絶対に思いつかなかったと思います。

 

その差は歴然ですよね。

 

ほんと凄く地味で面倒くさい作業ですが、小さなことを積みかせて物事を考えることが本当の知識を構築する。と言うことなのではないかと僕は思います。

情報発信
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント