嫌いなものこそ一度やってみてダメなら辞めればいい!

人それぞれ、苦手なことや、嫌いなこと、向いていないと思っていることは、必ずあると思います。

それは実は自分自身が一番よく分かっていて、直感的に、『あぁこれは

みたいなフィーリングが感じ取れるのではないでしょうか?

例えば僕の事例ですが

僕は学生時代から学業よりも技術系が得意で、その流れで、工業高校に行ったり、バイク屋さんを開業したり、溶接の仕事をしたりと、自然と自分が向いていると、勝手に錯覚した考え方で、今まで人生を進んできました。

しかし事業に失敗して廃業してからは、そこに気づき、色んな業界を見てみようと、興味のある分野には貪欲に学ぶ姿勢を変えて進めてきました。

そうすると、いままで完全に自然と脳が、自分は苦手だと認識していてシャットアウトしていた情報などが、バンバン入ってきて、すごく考え方が変わりました。

これは仕事以外でもすべての事にも共通すると思います。

僕は、昔から子供も苦手な方だったのですが、我が子ができてからは、全然そのような感覚も無くなりました。

ただ自分の脳が『嫌い』『苦手』などと言うワードに自己洗脳させれていて、その類いの情報を遮断していただけだと思います。

世の中の常識や固定概念にとらわれずに、何事も一度受け入れて首を突っ込んでみるのが一番手っ取り早いですし、少しでも首を突っ込めば、自ずと体験できるので、そこで判断すれば悔いは無いと思います。

要は初めから何も触れずに食わず嫌いは、凄くて損でした。

インターネットなどでどんなジャンルの情報も触れずして学べますが、本質的なところは、やはり、自分の財産を投資し、リアルに自分の五感で感じるところに価値があるのではないでしょうか?

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント