何でもない様な幸せを崩壊させてしまうリスク

なんの不自由も無く、いつもと変わらない日常を全うに生きる。

なんでもないようなことが幸せ… とフレーズがあるように、平凡な日常こそが幸せと良く言われたもの。

家庭を持ってる大黒柱なら尚更のことで、安定に勝る幸せなど無いのは事実です。

僕は、27歳で事業に失敗してから企業に就職しますが、30歳までに5回転職した結果、自分にはサラリーマンは不可能だと再認識しました。

サラリーマンで働いている方が、僕の妻も子供も安定して生活が送れて、時間も定時で終わるので家庭の時間もキチンと取れていました。

しかし超飽き性でワガママな性格の僕には、同じ職場で働き続けることが物理的にできませんでした。

それなら選択肢はもう自分で稼ぐしか方法は無くなったので、事業失敗からの就職してまた再起業したことで、迷うことが一切無くなりました。

もちろん起業したことで家庭の時間は犠牲になりますが、結局どちらも得ることができないんだなと同時に認識したのも事実です。

『安定と生活を最優先する』

『一か八か勝負する』

男なら一度きりの人生。例え小さいスケールであれ、夢と言う野望やビジョンは必ず持っているはず。

一番ダメなのは、どちらも決めれないままずっと悩み続けてしまうことで、なにかを捨てなければ新しいものは得れません。

いまの何でもない様な幸せを崩壊させてしまう覚悟は必要ですし、やるかやらないかを決めるのは自分です。

なにかの気付きになれば幸いです(^ν^)

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント