わかりやすくて楽しくなるような情報を発信する

あなたが独立開業して、まず仕事として思い浮かぶのが、仕事を取ると言うことだと思います。 

仕事をとるというのとは、自分の商品、サービスを売って人からお金をもらうこと、と言うことは、人に知ってもらわなけばなりませんので、宣伝しにいきます。それが営業だと思います。 

私も自分で立ち上げたオートバイ事業を始めた時は、どこかで働いていたわけではなかったので、横のつながりもなかったので、父のパソコンでワードでチラシを作って、一枚十円のプリンターで印刷していまた。 

それを肩掛けカバンに詰め込んで、地元の商店や住宅街など、毎日いっていました。 

二十歳そこらの若者が、油まみれのツナギで、飛び込み営業していましたから、今考えると怪しさ満開だっと思います。 

あの頃は、若さと勢いでなんでもこなしてきました。まぁ30代の今でも現役ですが。 

もちろん、結果はほとんど出ません。 

本当にあんな効率の悪い業務は、時間の無駄だと思います。ストレスも半端ないですしね笑 

たしかに数件反応は、ありますが、不確定なのでなんとも言えません。 

こちらから急に飛び込むのでは無く、良い情報を提供して、認知してもらうことが大切だと身をもって気付きました。 

普通のバイクさんでは、まずしていなかった、いまもおそらくしている所は、まずない。 

スーパーのチラシの用に、細かくバイクの整備費用を書いたチラシと、クーポン券などをつけて、『そうだ!スクーターで海にいこう!』のキャッチフレーズで明るくポップなチラシに仕上げてました! 

それを、三つ折りにして、お店の近辺に配りました。 

すると飛び込み営業の数倍の効果がありました。 

まとめますと、飛び込み営業は効果が薄いですが、とりあえずやってみるのも1つの手です。そこから気付きや発見がありますし、その効果の高いチラシに行き着いたのもその飛び込み営業の経験があっての発想です。 

しくじりから発見が産まれる と言うことを知って頂ければ幸いです。

情報発信
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント