見えない異物感を出すことが見てくれるコツ

皆さんもポストに入っているのを見たことがあると思いますが、透明のビニールに入っていて開封しなくても中身が見える営業レターなどがありますが、あれは、ほとんどポストの前で見えるとこだけ目を通して、そのまま集合ポストの下に置いてあるゴミ箱に捨てられるといったことになると思っておいていいと思います。 

もちろん、数打てば当たるテイで作成したチラシなどは、それで構いませんし、数千枚配って数件問い合わせがあれば上等な成果なので、それはそれでいいのですが、 

例えば、ターゲット層を絞った内容で、商品、サービスの価格も高めで汎用性が無い場合、キチンとしたパンフレット形式でコンテンツを作成して、なおかつ、そのターゲットになる人の手に渡り、そのターゲットになる人が、しっかり目を通してもらわなけばならない使命があります。 

その場合は、透明ビニールに入ったDM形式やチラシ形式でのポスト投函は、おそらく確率が低いでしょう。 

僕も色んなチラシやDMを作成して実践しました。 

その中で行き着いた方法をいくつか紹介したいと思います。

開封しないと気になる仕組みを作る

まず第一関門は、集合ポストで捨てられないことですね。マンションなどもそうですが、事務所のポストって一日で大量チラシやDMが入ってるんです。 

カバンや荷物を持ってる状態で、全部事務所に持って上がることはまず無いでしょう。 

せっかく良い情報を書いていても、ほかのチラシに紛れて、捨てられてしまいます。 

なので僕が実践した方法は、A4用紙が入る紙封筒に、そのターゲットの会社名と代表者宛の名前を手書きで書き、紙封筒の中に粗品のボールペンを入れて、ポストに投函する作戦でした。 

すこし手間とコストは掛かりますが、成功率は上がります。 

まず、代表者宛で来てるものなら、従業員は捨てずに代表者の机に間違えなく置くことですし、代表者も、封筒に、異物感があれば、中身が、気になり必ず開けると思います。 

そこから契約や問い合わせに繋がるかはわかりませんが、捨てられるずに開封されて、しかもそういった封書などは大抵、外では開封しませんよね?なので事務所の中で開封するので、それなりに、目を通してもらえるとおもいます。 

まぁ粗品はボールペンが安くて誰でも喜んで使ってくれるのでオススメです。 

そんな感じで、専門性が強いサービスやターゲット層が狭いビジネスをしている方、一度試してみてはいかがでしょう?

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント