簡単なお仕事ですはアリ地獄への入口

簡単 仕事 ビジネス

はじめから、いばらの道を進むことで難しい課題にチャレンジした自信や専門的な技術やノウハウが習得できる。
簡単に物事を習得できることは無い。 

転職を考えている場合、次はどこにいこうか?などを悩み考えると思います。 

求人広告の安心させるワードで、誰でもできる簡単なお仕事です。先輩達が丁寧に指導します。 

このワードを見て、新しい環境や仕事にチャレンジしようとしている人は安心します。 

しかしここで何十年と勤めてキャリアを積んでいかないと、いつまで経っても苦しいままになります。 

誰でもできる仕事は、逆に言えば技術やノウハウなどのキャリアが働いても働いても構成されない負のスパイラルなのです。 

従って、あえて難しい高等技術のノウハウを学ぶことで、貴方のレベルは上がり必ずの言って損はしません。 

これは僕が試してきた結果なので断言できます。 

もちろん始めは辛いですが、人と言うのはやっていれば慣れます。 

僕が転職していた時は、製造業の溶接にフォーカスを絞り、その溶接のジャンルの中でも高等技術が必要な、薄板の溶接、ステンレスやアルミ、チタンなどの非鉄金属の溶接。美観性を重視した製作物を扱っている企業にしか転職しませんでした。 

これは先程述べたとおりの理由です。 

溶接でも、誰でも簡単にできる溶接の仕事は山ほどあります。 

しかし始めの段階で楽な道に行ってしまうと将来いつまでたってもキャリアは構成されないので、はじめにあえていばらの道を選び苦労して、専門的なノウハウを身につけてみてはいかがでしょうか?