一極集中では無く行動と実践を分散しよう!

起業やビジネスに限らず、転職や結婚、人生の生きていく上で、どんなことにも共通するのですが、何か心動かせるものに感化され、よっしゃやるぞ!と思い切った行動を始めたり、何か難しいことにチャレンジしたりをするのは素晴らしいことだと思います。

しかし、僕自身もそうでしたが、そのよっしゃやるぞ!と言う勢いで、ばーーっと進めて、ある程度形なるところまでは夢中でそれに集中しているので、なんら問題ないのですが、

その行動がひと段落して、次は受け身のポジションに変わり、それがしばらく月日が立ってくるとに、ふと冷静になる瞬間があります。

その時に、ぶわぁーーっと不安の感情が一気に押し寄せてきます。

将来のこと、お金のこと、本当に成功するの?などの不安が本当にまとめて押し寄せてきます。

まぁそれは、先のわからないことにチャレンジしているので当たり前ですし、どんな人でも、自分の財産を切り売ってしている限り、みんなそう思うと思います。

その不安が押し寄せてくる時期に、安心したいがために、早く結果や手応えがものすごくほしくなります。

僕も、その行動の手応えが早くほしくて、焦ってしまい、はじめに決意した軸などがブレてきてしまうことは、何度もありました。

焦りと不安に感情が、支配されると、本来の計画と違うことを深くしてしまい、だんだん道がそれていってしまちがちです。

しかしそうとは言っても、生きていくうえでは毎月安定したお金は必要ですし、綺麗事は言うてられませんよね。

そしたらどうすればいいのか?

初めは結果が出るのが遅くていいのです。行動を分散させて、空いた時間にタネを巻き、働きながら、芽がでるのをじっと待つことが、一番ベストだと思います。

例えば、商店を開きたいなら、辞めてから、進めていくのでは無く、働きながら、ホームページを作ったり、メニューを作ったり、制服や価格帯の調査など、ずぅーっとその事をばかりを考えて計画を練りまくって下さい。

脱サラしてから本格的な計画や準備をすると、2、3ヶ月で準備できるだろと思っていても、大抵は、その想定期間の倍はかかります。

もちろんその準備期間は収入ゼロですから、準備が遅れてくると資本金を食いつぶすことになり、焦る要因になってきますし、焦りは本当に禁物です。

勢いで会社を辞めて、後ろ盾を無くし、一気にしてしまうと言うのも大切ですし、かと言って、慎重になりすぎて計画ばかりして行動に移れないのもダメですし、ほんとバランスが大事なんです。

僕は、どちらかというと、勢いで会社を辞めて冷める前に行動し切ってしまうタイプでよくシクッジってきました。

どちらもバランスよく行動したいものですが、あれもこれもと無闇に手を出すのは厳禁です。

あくまで自分が得意またはできそうなことを3つまでなら、同時進行で進めても大丈夫だと思います!

なにかと参考になれば幸いです。

独立起業
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント