言ってることをコロコロ変える奴は本当は偉い

自分のやりたいことが見つけられないのは、一回だけと思い込んでいるから。そんなの誰も決めていませんよね。世間体を気にしては何も行動できません。色んな事に興味を持ち、試験的に何回も実践すれば必ず行き着きます。 

だいたい20代終わり頃から30歳を越えてくると、男性なら、このまま今の仕事をあと30年以上も続けてていいのか?とか、この生き方ではダメだ!とか、このままではいけない。と自分の今、歩んでいる道に、危機感を抱いてくると思います。 

そうすると、何か変えようと考えたり、行動したりします。 

自分の歩んでいる道に危機感を持って、変化を求めて考えるのはすごく素晴らしいことだと思います。 

しかし大抵の人はここでしくじってしまい、道につまづき、結果諦めてしまうと思います。 

そんな諦めないマインドを持って頂けるように、現在、31歳の僕の過去の失敗事例を上げて話していきたいと思います。 

まず、いまの仕事や現状に、決して満足してはいけないと思います。 

居心地が良くても、常に満足せず不満を持つことが、会社を飛び出すバネに
なりますし、行動の原動力になります。 

そして、危機感を持って、いまのままではダメだ!と、本当に自分が将来続けていけるまたは、本当にやりたいことを探し始めると思います。 

しかし実際考えてみても、一体、自分は何をしていいのかわからない人が多いと、思います。 

僕自身も、そうでした。 

いまは、ホームページを作ったり、広告を作ったり、求人や採用をサポートしたり、経営的なコンサルティングなど、企業を総合的にサポートする、いわば便利屋みたいな商売をしています。 

ここに行き着くまでには、数え切れない程のビジネスを実際に自分の財産を投資して実践し、批判されて失敗して少し成功してまた失敗を、くりかえしそして、自分の中で、『これは自分に向いていない』とか『あまり儲からない』とわかれば、傷口が深くなる前にすぐに撤退してきました。 

要は、自分がこれがしたい!!と想像だけしていて、決意して、いざ実践すると全く違います。 

まさに理想と現実のギャップ。 

しかし、真面目の人は、自分が本気でやると決めたことだから。とか、いま辞めると周りの人や家族にどう思われるか不安とか、そんなことを気にして、結局、そのたった一回で決めたことをずっと継続してしまいます。 

これは決意が確実に固まっている人は、全然いいのですが、 

短期間で思いついたことを、実践しているのであれば、絶対避けた方がいいです。 

早めに気付いて、撤退しても全然恥ずかしくないですし、その気付きは、次のビジネスモデルに必ず活かせます。 

僕も、はじめは、バイクの修理屋からスタートし、便利屋、運送屋、タバコ屋、溶接屋、など、色んな商売を広く浅く体験してきました。 

その中でこれはいけると直感したものは、取って置いて活かしてきた結果、いまのビジネスモデルにたどり着いています。 

なので、将来の仕事や自分の道を探している人は、決して一回きりで決めなくてもいいのです。 

周りからは、またあの人は言ってることが変わってる。とか軸がブレててよくわからないとか批判は食らうと思いますが、そんなのはほって置いて大丈夫です。 

自分の人生ですし、チャンスは山ほどあるのに、一回きりで決めてしまうのはもったいないですので、これだ!と決めつけず、広い選択肢を持って、生きていく道を探してみてはいかがでしょうか。

マインド
独立起業のオンラインスクール 商研ゼミナール

実体験のノウハウだから中卒でも理解できて
たった6ヶ月間スマホで学ぶだけで脱サラできる!

・いまの自分の人生の現状をいますぐにでも変えたい
・起業したいけどなにから始めていいのかわからない
・自分がしようとしている事が本当に正しいのか不安

貴方の疑問を無料で瞬時に解決することができます。

↓通勤途中で人生が変わる無料体験講座は下記のボタンから

しくじり社長の起業論

コメント